金沢自然公園
どんぐり林の再会
( 2月28日 )
1昨年の秋、富岡小学校の生徒さんの提案に、横浜市緑政局や金沢区役所・雑木林ファンクラブ・金沢自然公園などが協力して、どんぐりを蒔いて林を作ろうというイベントを開催しました。
そのイベントに関わった私たちは、「かなざわ森沢山の会」としてこの林を手入れし守ってきたのですが、秋の日のイベントを一緒に楽しんだ子供たちと、今日どんぐり林で再会する事が出来ました。
私たちの前に集合してきたのは、見違える程に大きく成長した中学生でした。

今日の「かなざわ森沢山の会」の作業は、自然公園の間伐で切り出した木を利用して、釜利谷市民の森で椎茸作りをする準備です。
1年半たったどんぐり林を見て回った後は、釜利谷に場所を移して、中学生達も木に穴を空けて椎茸菌を植えたり、斜面のアオキ刈りしたりして、私たちの作業に参加してくれました。

これが椎茸菌を植え付けたほだ木です。



普段経験する機会のない作業に積極的に手を出す中学生たちの姿はとても楽しそうで、生き生きと見えました。

勉強やテストで今後ますます忙しくなる年齢ですが、
「又来たい」
という嬉しい言葉を残して帰ってゆきました。

次に会う時は、ますます逞しくなっているに違いない
やがて彼らが次の世代として金沢区の自然を守り育ててゆくに違いない、
そんな思いで見送りました。

四季おりおりの金沢区

ホームページ