雪の朝 節分

深夜から雪が降り続き、2月3日の節分は雪の朝になりました。
2006年以来2年ぶりの積雪でした。
瀬戸神社には節分ののぼりがたち、雪の降る中でも次々と参拝者が訪れていました。

神社の向かい側にある弁天島では橋の赤い欄干が雪の中でひときわ美しく目に映りました。

横浜の積雪は数年に一度程度なので、雪景色は見るだけなら珍しくて楽しいのですが、
寒さや滑り易い道路などが生活や交通に影響します。
積雪に慣れない街は少しの雪にも弱い事を痛感し、雪国の生活のご苦労を垣間見る思いでした。
昨年は猛暑、今年の冬は寒波と雪。やはり異常気象がもたらした気候でしょうか。

2008年2月10日 記

四季折々の金沢区目次

ホームページ