横浜金沢区の桜 2005

日本文化の中で桜はいつも、つかの間の夢のような喩えに表現されているように思います。華やかに咲き、そしてたちまちに消えてゆく姿が諸行無常を思わせるからだと思います。
それにしても今年の桜は一気に咲きたちまちに散りました。その間1週間もありませんでした。

ショッピングやちょっと散歩などによく通る道です。
日常に通る道が季節の彩りで装うのを見るのは楽しいものですね。

この4日前に通った時にはまだあまり咲いていなかったのに、
気温の急激な上昇で一気に満開になったようです。

一斉に咲いた翌日からは強風が吹き荒れ雨が降り、
この写真を撮った3日後にはほとんど散りました。
4月8日(金曜日) 撮影

一瞬の華やぎを見せ、夢の跡のように消えた今年の桜・・。
それはこの花らしい美しさだったのかもしれません。

市内大岡川の満開の桜はこちらからご覧下さいませ。

2005年4月18日 記

四季折々の金沢区目次

ホームページ