四季折々の金沢区
秋色に染まる時(1)
暑さが長く続いた後急に温度が下がったので、各地で今年の紅葉は格別だと報道されました。横浜市金沢区でも山の木々が美しく色付き、秋の装いを見せています。

(お伊勢山)(円海山)

イロハモミジは一段と色鮮やかに目をひきます。


(金沢自然公園釜利谷口)

赤、黄、そして常緑の緑など、それぞれの木の葉が描くグラデーションは、日本古来の織物の図柄を思わせます。

秋色に装う山の遠景を構成するのは、さまざまな木の色の変化です。紅葉は、春から夏に成長した木が老廃物を吐き出す時に起きる色の変化だと聞きました。春に生まれ夏にきらめいた葉たちが、短い命のすべてを燃やして美しい姿を見せているのかもしれません。

(2002年11月24日 記)

秋色に染まる時(2)に続く。

四季折々の金沢区目次

ホームページ